渡辺 光太郎(渡辺会計事務所)

渡辺 光太郎

渡辺 光太郎

ロゴお話をうかがいました

渡辺先生の強みを教えてください

事業承継に関する業務が得意です。自らも事業承継を体験しており、それに基づき円滑な事業承継をいかに行うかということに注力します。これには、後継者育成と税務面の両方を支援してゆくことが重要なのです。

相続の相談を受けるにあたって重要視することは何ですか?

何よりもまず被相続人の意見を尊重し、その相続に関わる人びとの間で円滑な分割ができるよう心がけています。

相続には「税金」「争い」などマイナスイメージがありますが、円満でスムーズな相続を進めるにはどうしたらいいのでしょうか?

関係する人たちのコミュニケーションが必要と考えています。そのためにも税理士自らが被相続人に均等にコミュニケーションを取ることを心がけています。

お客様からはどういった相続の相談が多いですか?

相談内容は人それぞれ事情が違うのですが、最近は相続について色々と新聞などで取り上げられることが多く、不安を抱いている方が多い印象です。そんな方々の、不安の種を取り除くことが自らの仕事だと思っています。

渡辺先生が税理士として、大切にしていることを教えてください。

その場限りのお付き合いでなく、30年、40年またその先までの一生涯のお付き合いができるように、目先の利益でなく、その相談者の方が将来に渡って相談してよかったと思っていただける仕事をして行きたいと考えています。

過去に手掛けて良かったなと思う案件はどんなものがありましたか

数年前の話ですが、遺産分割の話にいらした2人兄弟が、私の目の前で揉めだして、しまいには「裁判所で会おう」とまで言い出したことがあります。そこでお二人に落ち着いてもらい、根気よくいろいろな代替え案を私から丁寧に提案、説明したところ、2時間後にはようやく一件落着し兄弟間の決裂を避けることができたのです。もし、あのまま本当に裁判所まで持ち込んでいたら、せっかく仲の良い兄弟が一生絶縁となるところでした。

先生のご趣味は?

ゴルフと食べ歩きですね。休日は、妻と美味しいものを食べて歩くのが、心身のリフレッシュになります。

好きな言葉はありますか?

「易不易」です。易とは「変わる・変える・変革」などを意味していて、不易はその逆。すなわち、変わるもの、変わらないものという意味があり、見方によって色々と捉えることができる、奥深い言葉です。

渡辺 光太郎 の強み・特徴

自らの事業承継体験をもとに皆様のサポートを致します。

渡辺 光太郎 のプロフィール

名前 渡辺 光太郎
登録番号 69770
登録年 平成2年
学歴 中央大学
職歴
資格 税理士
著書・論文
所属団体・役職 東京税理士会 理事
NAC21若手税理士の会 会長
メディア掲載履歴
取扱分野
事務所 渡辺会計事務所
事務所住所 東京都港区赤坂5丁目5−9 スバルビル2F