荒野 俊一(荒野税務会計事務所)

荒野 俊一

荒野 俊一

ロゴお話をうかがいました
東京都目黒区武蔵小山の閑静な住宅街にある「あらの会計事務所」は、小ぢんまりとした事務所であるがゆえにできる、お客様への細やかな対応が特徴だ。その所長である荒野先生に、お話を伺った。

相続の相談を受けるにあたって重要視することは何ですか?

相続という場面では、よく親族同士の関係性などの複雑なお話が出てきますので、しっかりとお話をお伺いし、分割協議でもめないようなプランを一緒に考えていくことを重要視しています。同時に納税資金や節税なども検討していきます。

相続相談をスムーズに進めるために、どのようなことを心がけていますか?

ご相談に共通するポイントとして、財産の分け方、納税額、諸費用といった点が挙げられます。まずはこれらの仕組みについてしっかりとご説明することにより、徐々に理解をしていただいて、最終的に納得していただけるように心がけています。

相続についてほとんど意識したことがない、という方にメッセージがあればお願いします。

相続は、人生でそれほど経験することが多くはない事柄でありますが、人間である以上避けては通れないものでもあります。相続するにせよ、相続放棄するにせよ、民法で様々な定めがあり、複雑な仕組みになっています。また、相続における手続きは、税金がかかっても、かからなくても行う手続きです。もし身の周りで相続が発生したらどうなるか、ある程度予想をされておくと良いでしょう。

いま、相続相談を考えている方にひと言お願いします。

相続人同士では、「話がしにくい」「話がすすまない」「なかなか意見がまとまらない」などはよくあることですので、そのようなご相談はどうぞお気軽にお寄せください。間に専門家が入ることにより分割協議成立に至るケースが多いです。

手掛けて良かったなと思う案件はありますか?

今までに担当したどのご依頼も、手掛けることができて良かったと思っております。お客様から「お世話になりました」と言って頂けたり、お手紙でお礼を頂けるケースもあり、それらが何よりも励みになります。

相談者にいただいた、印象に残っている言葉はありますか?

「申告書を見ても内容がとてもむずかしく、先生に頼んでよかった」「多方面での相談ができてありがたい。」「思ったより税金が少なく済んだので嬉しい」など、お客様の喜びの言葉が印象に残っています。

先生のご趣味は?

ゴルフに夢中です。

休日はどのように過ごされていますか?

育児に奮闘中です。
大変なこともありますが、とても可愛いです。

好きな言葉や座右の銘などありますか?

「強くなくては生きてゆけない、優しくなければ生きる資格がない。」
プレイバックという小説に登場する私立探偵フィリップ・マーロウのセリフです。

荒野 俊一 の強み・特徴

誠実に、感謝の気持ちで
事業会社で会社員経験の後、実務をしながら勉強をして税理士として平成12年に開業しました。現在に至るまでお客様に対して確かなサービス提供、ご支援を心がけてまいりました。  お客様に支持されて今日に至り、感謝しております。  今後もお客様に頼られる良きパートナーとして、末永くお付き合いいただけるよう、さらなるサービスの充実と、知識と技術の向上に努め、ご支援してまいりたいと思っております。

荒野 俊一 のプロフィール

名前 荒野 俊一
登録番号 91304
登録年 2000年(平成12年)
学歴
職歴
資格 税理士、CFP、宅地建物取引士
著書・論文 税務・経理・人事ハンドブック2017年
所属団体・役職 東京税理士会目黒支部・副支部長
メディア掲載履歴 実務経営サービス
取扱分野 法人税および不動産や相続、贈与といった資産税のタックスプランニング
事務所 荒野税務会計事務所
事務所住所 東京都目黒区目黒本町3-5-15-2F